<人>がブランド

社員インタビュー

営業・設計 濱田 都紀子
成城グランクリニック(改修/内装デザイン・設計・施工)

クリニックを運営する上で、不便となる部分を解消することに最善を尽くすようにしています。

-改修の内容、コンセプトは?

シニアレジデンス内にあるクリニックの運営医療法人の変更に伴い、既存区画面積の拡張、設計・施工を行いました。クリニックの利用者はシニアレジデンスの入居者が多いと想定されていたので、安全性・使い勝手を考慮したバリアフリー機能を取りこんだ空間づくりが必須でした。また、表通りからクリニックに通じる歩道がわかりにくく、クリニックまで辿り着きにくいというのも課題のひとつでした。

クリニック受付。レジデンス共用部の上質かつ洗練された雰囲気に

外構

クリニックに通じる歩道の入口。歩行者からよく見える位置にサインを設置

-当社からの提案・こだわったポイントは? 

レジデンス共用部の上質かつ洗練された雰囲気に調和できるようにデザインしました。

受付は、待合室やエントランス部分を見渡せるように配置することで、患者さんの様子を見守ることができ、スタッフがすぐに対応できるようにしました。

受付と診察室、診察室とX線室を隣接させ、診療時間中の患者さんとスタッフの動線の交差が起こらないようにスタッフの動線も改善しました。

クリニックに通じる歩道には、入口に歩行者からよく見える位置にサインを設置し、生い茂っていた植栽も入れ替えを行い、美観性の向上を図りました。

スタッフや患者様の動線に配慮したレイアウト

-印象に残っている出来事は?

診療室の最低限の面積や寸法が決まっていたため、動線に考慮した内部レイアウトを行いつつ、増床するためのサッシ位置の決定には苦労しました。クリニックは個人情報が多いので、患者さんとスタッフ両方のプライバシーを守ることができる範囲での増床を行いつつ、南に面した窓から採光も得られる位置に配置しました。

クライアント様からは意匠性の他にも使い勝手の面でとてもご満足していただくことができました。次に開業する際もお願いしたいとおっしゃっていただけたのはとても嬉しかったです。

img05

落ち着いた雰囲気の診察室

-クリニックの改修を行う際に重視していることは?

デザインの部分でお客様に満足していただくことはもちろんですが、クリニックで働くスタッフの方々と患者さんの動線については、何度もクライアントに確認することが重要だと考えています。デザインが優れていても、動線が効率的ではなかったり、プライバシーが確保されにくいなど、クリニックを運営する上で不便になる部分を解消することに最善を尽くすようにしています。

-今後の目標・抱負は?

お客様に満足していただけることを最優先に、どの案件に対しても丁寧に向き合っていきたいです。今後、クリニックや医療・シニアの分野だけでなく様々な分野に挑戦していくことで、設計を行う上での知識を増やして、提案の幅を広げていきたいです。

クリニック外観

診察室

page top